自毛植毛のメリットとデメリットとは?

ここでは、通常の発毛・育毛とはちょっと違った自毛植毛について説明します。

自毛植毛も薄毛治療法のひとつで、自分の髪が生えている後頭部や側頭部などから、皮膚と一緒に毛根ごと毛髪を採取して、髪を増やしたい部分に移植する方法です。
想像すると、ちょっと怖い感じがしますが、欧米では盛んに行われています。
ただし、自毛植毛は医療行為に該当するので、医師に限って認められている施術になります。
次に、自毛植毛のメリットとデメリットを紹介します。

自毛植毛のメリット

自毛植毛は、麻酔を使う外科手術なので手術中の痛みはありません。
しかし、術後に麻酔が切れてくるとしばらくの間は痛みが残ります。
植毛された髪の毛は術後いったん抜けてしまいますが、移植された頭皮にまた髪の毛が生えてきます。
これは、生着した毛包の多くがすぐにヘアサイクルの休止期に入るからです。
したがって、やがて成長期を迎えれば、自然に発毛してくるというわけです。
また、自毛植毛は人工毛の植毛と違って、免疫反応の心配がないというメリットもあります。
自家移植なので、術後に拒絶反応による炎症や化膿がないのというが大きく異なるのです。
とはいっても、病院や医師の技量により、成功の可否、術後の痛み、仕上がり具合、定着率などにかなり影響があります。
人工毛植毛では拒絶反応があるため、術後1年くらいで植え付けた毛が抜け落ちてしまうのに対し、自毛植毛では95%も残るといわれています。
頭皮が生着したあとは、その頭皮は自分の頭皮と同じで、とくにメンテナンスをする必要がありません。
新たに生えた髪の毛も、時間の経過とともに周囲の髪となじんでいくので、自然な仕上がりになっていきます。

自毛植毛のデメリット

自毛植毛のデメリットですが、まず、移植できる髪の毛の本数に限りがあることです。
自毛植毛は後頭部や側頭部などから採取するため、髪の毛の本数にどうしても限界があります。
つまり、髪の毛が生える部位を移動するだけなので、全体的な髪の毛の量は変わらず、どの部位からどれだけ採取したらよいかという事前のプランニングが重要になります。
また、薄毛が全体的に進行してしまっていると、採取できる頭皮がなく、植毛ができない場合もあります。
次に、高い密度で植毛をすると生着率があまりよくありません。
ですから、1回の手術で増やせる髪の毛の密度にも限界があるということを知っておく必要があります。
そのため必要な植毛をすべて完了させるには、手術を数回に分けて行うことになります。
さらに、自毛植毛は医療行為にあたりますが、保険のきかない自由診療になります。
費用は移植する髪の毛の本数や施術を受ける医院によっても変わりますが、ある程度高額になってしまう傾向があります。
とはいっても、カツラなどに比べれば、維持費がかからないため、長期的には安くなるといえると思います。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする